留守電がLINEで確認出来る!?

個人事業者や起業したての会社など、問い合わせの電話番号があってもなかなか取れないものです。

携帯電話に転送しても留守電を聞く余裕がなく後回しに・・・。なんてことも多くあります。

もしLINEに着信があったこと、留守電の内容などが残るとしたらどうでしょう?

視覚的に確認できるので少し安心出来ませんか?

問い合わせ対応での信頼性

ビジネスでは着信があった時にすぐに対応する必要があります。対応次第で信頼性が疑われますので問い合わせの電話には確実に対応する必要があります。

運転中の着信や電車の中での着信に危険・マナー違反なのは分かっていても対応している人をよく見かけます。

すぐに対応する必要はありますが、移動中の対応は難しいですよね。

留守電にして電話のできるところで折り返せば信頼を失うことはありません。

無理に対応して事故を起こしたり、電車の音が聞こえたりすると逆に信頼をなくすのではありませんか?

少人数での運営

個人店舗や個人事業者、スタートアップなどは一人、または少人数での運営が殆どだと思います。

移動中、作業中にも電話がかかってくることありますよね!?

もちろん問い合わせの電話はビジネスにおいて必要不可欠な事ですからほったらかしには出来ません。

作業や移動などをしながら着信にも対応するのは大変ですよね。

携帯電話の留守電機能

最近の携帯電話は便利になってますから留守電機能が無いことはありません。

ですが確認するのちょっと面倒じゃありませんか?

「二件の録音があります。」・「ピー」・「・・・・・。」なんて感じで全てを聞かないといけませんし大事な内容はそうそう消せませんよね。

それに携帯電話の番号を教えると言うことは営業時間外にも休日にも対応しないといけなくてプライベートが確保出来ないのも問題です。

LINEに通知が来る!?

この問い合わせ電話をスマートにしたいと考えてLINEに着信と留守電が通知されるようにしました。

使ってみるとかなり便利です。文字ベースで記録されるので着信を忘れることがありませんのですぐに折り返しの電話が出来ます。移動中など電話に出れない時も安心。

電車を降りた時、車を止めた時に確認して折り返せます。誰からの電話かもわかりますので留守電を全て聞かなくて大丈夫です。

着信を共有

また携帯電話と違い一つの電話番号を共有出来ますので非常に便利です。

問い合わせの電話は複数台の携帯電話を同時に鳴らすことが可能です。一人が出れなくても違う携帯電話で出ることが出来ます。

LINEの通知もグループのトークルームに配信できますので店舗としてビジネスとしての電話を取り逃すことはありません。

チーム電話