待合室に投下

お店に来店されて待っているお客様を喜ばせよう。 今日はこんな「アイディア投下」です。

アイディアの投下始めました。

接骨院

実際に投下したのは接骨院のオーナーの方ですが、これって結構色々なところで使えるんじゃないかなと思ってます。 

美容院や薬屋さん、プレゼント包装を待つサービスカウンターの近くなど・・・。 

今日は接骨院の話を書こうと思います。

退屈しない時間を提供

有名な遊園地で並んでいても退屈しないスペースを作っているところありますよね。

あそこほどのことは出来ませんが「待っている人がいる」と言う意識があれば面白いこと出来そうですよね。 退屈しないコンテンツを用意するんです。

○○通信

そこの接骨院は昔から掲示板を設けて待合室にいる方々に退屈させない取り組みをしてました。 なので根本的な方向性としては変わりありません。「待っている方々を退屈させない」なのです。

  ○○通信という手書きの掲示物を掲載して色んな記事を掲載してました。  私はこれを「デジタルにしてみては?」と言うアイディアを投下したのです。

サイネージとQRの連動

実際に提案したのは「表示してみては?」ぐらいの言葉だったのですが、もう少し発展させて再投下です。 

「デジタルサイネージにYoutubeチャンネルとかブログとかを掲載したらどうですか?」って言ったんですが、待合室にいる人は携帯電話を持っていますからQRコードが良いと思います。 

「Youtubeチャンネルで体の正しい動きを覚えよう」みたいな広告と一緒にQRを掲載するんです。 良いなと思ったページは見てもらえますし、Youtubeやっていることはアピールできます。

QRを読まなくても気になる時にアクセスしてもらえるのではないでしょうか?

そして考えた

「ブログ」だったり「Youtube」だったりその治療院の取り組みだけ掲載すると何ですから・・・。 普通のニュースと共に掲載しちゃいましょう。

お客様が興味ありそうなニュースジャンルをデジタルサイネージで表示、その一部をそのお店のブログなどを掲載すれば良いのです。 なんか良さそうなので作っちゃいました。

デジタルサイネージに映し出すので詳細が気になったらQRをお手持ちのスマホで読めば良いのです。 なんか楽しくなってきましたよ。いろんな所につかえそうですね。皆さんが喜んでくれそうです。

小ネタ掲載

それと同時に院長の「小ネタ」を日替わりで掲載したら面白いかなと思ってます。 「椅子に座るとき確認するポイント」とか「パソコン画面の理想的な高さ」などなどたくさん考えられますのでその記事をブログに書いてデジタルサイネージからアクセスしてもらうんです。(それもQRがオススメですね)

まずは「きっかけ」

待合室のエンターテイメントでは全て説明しないで良いんです。

アトラクションに並んでる時みたいに、ちょっとした前説みたいに考えれば良いと思います。

Youtubeだったりブログで詳しい内容を見て貰えば良いのです。

ただし、少しワクワクするような演出は必要ですよね。

古いPCとかがあればトライできますよ。

古いパソコンなどでサイネージは作れちゃいます。

色々と面白いアイディアを試してみて下さい。

PC でサイネージ